検見川聖書バプテスト教会
HOME教会案内メッセージギャラリーイベント全国の教会問い合わせ
  伝道の意義  

2010年8月22日(日) 礼拝説教要旨
説教者:疋田 健次 師

聖書箇所:Iヨハネ1章〜4節

[1]初めからあったもの、私たちが聞いたもの、目で見たもの、じっと見、また手でさわったもの、すなわち、いのちのことばについて、[2]―このいのちが現われ、私たちはそれを見たので、そのあかしをし、あなたがたにこの永遠のいのちを伝えます。すなわち、御父とともにあって、私たちに現わされた永遠のいのちです。―[3]私たちの見たこと、聞いたことを、あなたがたにも伝えるのは、あなたがたも私たちと交わりを持つようになるためです。私たちの交わりとは、御父および御子イエス・キリストとの交わりです。[4]私たちがこれらのことを書き送るのは、私たちの喜びが全きものとなるためです。

説教要旨

使徒ヨハネは、この手紙の冒頭において大きく2つのことについて述べている。

〈1:私たちが信じている御方はどのような御方か?〉 
「初めからあったもの」とまず記されている。私たちが信じている御方は、この世界の始まる前から、「初めから存在される神」である。この神によって世界のすべては創造された。これが私たちクリスチャンの持つ基本的な世界観である。
続いてヨハネは、「私たちが聞いたもの、目で見たもの、じっと見、また手でさわったもの」と記す。ここで述べられているのは、私たちが信じている御方は、「人となられた神」すなわちナザレのイエスだということである。この手紙が書かれた当時、キリストの実在性を否定する教えが存在した。目に見えないきよい存在である神が、汚れた人間として存在することなどあるはずがない、と考えられたのである。それに対してヨハネは、「聞く」「見る」「触る」という言葉を用いて、「確かにキリストは人としてこの地上に存在され、私たちと生きた交わりを持たれたのだ」と反論するのである。

さらにヨハネは、この御方を「いのちのことば」「永遠のいのち」と紹介している。私たちの信じている御方は、永遠のいのちを持つ御方である。それが最も色濃く現されたのが十字架の死の後、3日目の“復活”である。死に勝利するいのち、決して滅びることのないいのちを神は持っておられ、この御方によって救いに与った私たち一人ひとりもまた、永遠のいのちを与えられているのである。

〈2:私たちはなぜキリストを伝えるのか?〉 
2節において、「このいのちが現れ、私たちはそれを見たので、そのあかしをし、あなたがたにこの永遠のいのちを伝えます」と記されている。ヨハネはキリストを「見た」、1節も含めれば「聞いた」「さわった」のである。つまり、ヨハネはキリストと「出会ったので」、そのあかしをし、伝えるのだ、と述べているのである。キリストとの出会いは人間にとって、人生における最も大きな出来事である。その感動は、それを人に伝えずにはいられなくなるほどのものなのである。
3節を見ると、「…伝えるのは、あなたがたも私たちと交わりを持つようになるためです。私たちの交わりとは、御父および御子イエス・キリストとの交わりです」と続く。私たちがキリストを伝えるのは、この救い主を知らない人々が救われ、共に同じ交わりを持つためなのである。この交わりは、この世の中の交わりとは全く異なる生ける神との交わりである。

最後に4節の御言葉に目を留めよう。「…書き送るのは、私たちの喜びが全きものとなるためです」、とある。滅びゆく一人のたましいが救いに与り、共に神の交わりの中に入れられる。これこそ、神の御国の民であるクリスチャンにとって最も大きな喜びなのである。私たちの喜びは、この御方を宣べ伝え、それを聞いた一人の人が救われることによって完全なものとなるのである。

 
Copyright (C) 2007 - 2010 Kemigawa Bible Baptist Church All Rights Reserved.
Japan Baptist Bible Fellowship