検見川聖書バプテスト教会
HOME教会案内メッセージギャラリーイベント全国の教会問い合わせ
  神の導きを信じる旅  

2006年12月24日(日) 礼拝説教要旨
説教者:高田 厚 師

聖書箇所:マタイの福音書2章1〜12節

[1]イエスが、ヘロデ王の時代に、ユダヤのベツレヘムでお生まれになったとき、見よ、東方の博士たちがエルサレムにやって来て、こう言った。 [2]「ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにおいでになりますか。私たちは、東のほうでその方の星を見たので、拝みにまいりました。」 [3]それを聞いて、ヘロデ王は恐れ惑った。エルサレム中の人も王と同様であった。 [4]そこで、王は、民の祭司長たち、学者たちをみな集めて、キリストはどこで生まれるのかと問いただした。 [5]彼らは王に言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者によってこう書かれているからです。 [6]『ユダの地、ベツレヘム。あなたはユダを治める者たちの中で、決して一番小さくはない。わたしの民イスラエルを治める支配者が、あなたから出るのだから。』」 [7]そこで、ヘロデはひそかに博士たちを呼んで、彼らから星の出現の時間を突き止めた。 [8]そして、こう言って彼らをベツレヘムに送った。「行って幼子のことを詳しく調べ、わかったら知らせてもらいたい。私も行って拝むから。 [9]彼らは王の言ったことを聞いて出かけた。すると、見よ、東方で見た星が彼らを先導し、ついに幼子のおられる所まで進んで行き、その上にとどまった。 [10]その星を見て、彼らはこの上もなく喜んだ。 [11]そしてその家にはいって、母マリヤとともにおられる幼子を見、ひれ伏して拝んだ。そして、宝の箱をあけて、黄金、乳香、没薬を贈り物としてささげた。 [12]それから、夢でヘロデのところへ戻るなという戒めを受けたので、別の道から自分の国へ帰って行った。

説教要旨

人生はよく旅に例えられます。この人生という旅はどのように進められていくのでしょうか。大別すると、“自分の思いを実現させる旅”と、“神の導きに自分を委ねる旅”に分けることができます。今日は、クリスマスの降誕劇でおなじみの「東方の博士たち」を通して、キリスト者としての人生という旅の捉え方について考えてみたいと思います。

<旅の始まり>
この旅は、自分の思い通りにならない場所が舞台となります。異国から来た博士たちが踏み込んだユダヤという国は、「ヘロデ王」(1節)という絶対的権力者が力によって支配していた国でした。服従するか排除されるか、どちらかしかない厳しい世界です。このような場所に博士たちは何故やって来たのか。2節には、ある特別な星を見たことが理由として挙げられています。博士たちは、その星に「ユダヤ人の王」誕生という意味を見出し、そして「その方」を礼拝するという一事のために故郷を後にしたのです。

<待ち受ける予想外の状況>
ユダヤに到着した博士たちは、早速エルサレムにある王の宮殿を訪れました。王への謁見を許された彼らは期待に胸躍らせてヘロデにこう尋ねました。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにおいでになりますか。私たちは・・・拝みにまいりました」(2節)。喜ばれることを期待しての訪問でしたが、ヘロデ王は予想外の反応を示したのです。「それを聞いて、ヘロデ王は恐れ惑った」(3節)。明らかに悪い知らせを聞いた時に示す態度です。さらにその後ヘロデ王のとった不可解な行動(4節、7節)によっても、博士たちは拍子抜けしたに違いありません。旅の間中持ち続けていた期待(誕生した王子への謁見)は失望に変わり、この旅は失敗だったのではないか、そのような思いが彼らの頭をよぎったはずです。

<神の導きを確認する>
このあきらめムードが漂う状況のなかで、博士たちに神の言葉が与えられました。エルサレムの学者たちが調べた旧約聖書の預言「ユダの地、ベツレヘム、・・・わたしの民イスラエルを治める支配者があなたから出るのだから。」(5、6)が裏付けとなって、この旅は神が導かれていたものであることを確認したのです。さらに、エルサレムを出発した彼らに「東方で見た星」(9節)が再度現れたことで、神に導かれているという確信が揺ぎ無いものとなりました。だからこそ、博士たちは都から離れて田舎への寂しい道のりを進んでいたにも関わらず、神が導いておられることを強く信じることができたのです。そして、目的地に着いた彼らは、この上もない喜び(10節)に満たされたのでした。

神の導きに全てを委ねた結果、博士たちを待っていたのは真のクリスマスでした。「そしてその家にはいって、母マリヤとともにおられる幼子を見、ひれ伏して拝んだ」(11節)。真の救い主なる方を礼拝できる恵み。紆余曲折がありながらも、このような結果が待つ旅は何と幸いなことでしょうか。私たちも博士たちのように、神の導きを信じる旅の素晴らしさを味わい体験する者でありたいと思います。

 
Copyright (C) Kemigawa Bible Baptist Church All Rights Reserved.